naoyaf.com

インターネットが好き

日本語でビットコインを取引出来るおすすめの取引所一覧

      2017/08/25

ビットコイン、ご存知ですか??

bitcoin-theft2

ビットコインは、暗号通貨や仮想通貨と呼ばれる、コンピューター上でのみ存在するお金のことです。2016年6月時点で、1BTC = 約70000円の値を付けており、多くは投機目的で取引されています。

よく「お金とは信用を数値化したものである」と言われます。

ビットコインが最初に値を付けたのは、2009年でした。最初は、仲間内で遊び半分で交換されているに過ぎなかったものが、とあるコミュティで、ある時、1万BTCがピザ1枚と交換されました。これが初めてビットコインとなったのですが、今の価格に換算すると約7億円のピザであったわけです。

pizza_btc

このビットコインですが、日本でも、円とビットコインを交換できるWEB上の取引所があり、両替したり、為替のように信用取引をすることも出来ます。そこで、この記事では「日本語でやり取りできるビットコイン取引所」をまとめて紹介していきます。

 

取引所一覧

bitflyer

日本で一番取引高が大きな取引所がbitFlyer(ビットフライヤー)

2014年5月に取引所をスタートし、三菱東京UFJ銀行から出資をうけるなど、規模、安心感ともに日本一の取引所と言えるでしょう。取引手数料も無料で、出金手数料もお手頃といえるのではないだろうか。

【詳細】

取引手数料:無料 ※キャンペーンのため

出金手数料:(3万円未満) 540円 (3万円以上) 756円

出金(ビットコイン)手数料:なし

信用取引:有り

【bitFlyerを開く】

aaf471_847632f7e7b647db8c862b7a1fbe5091

BTC BOXは、サイトがシンプルで見やすい、そして2年以上の運用歴の中でサーバーダウンがゼロという安定感があるのが特徴。

ビットコインを借りて、ショートポジションを取ることも出来る。他の取引所と比べて、出金手数料の高さがきになるところだ。なお、ビットコイン以外にもライトコイン、ドージコインの取引もできる。

【詳細】

取引手数料:無料

出金手数料: 0.5% ※最低400 円

出金(ビットコイン)手数料:0.001 BTC

信用取引:有り

【BTC BOXを開く】

CoincheckLogo

coincheckは、あのビリギャルが生まれたSTORYS.JPと同じ運営元のビットコイン取引所。

ビットコインだけでなく、EtherやDAOの取引をいち早く開始ししている。

また、取引所内に併設されているチャットがかなり活発で有益な情報がやり取りされている。

【詳細】

取引手数料:-0.05% 〜 0.15%

出金手数料: (通常)400 円 (高速)756 円

出金(ビットコイン)手数料:0.0002 BTC

信用取引:有り

【coincheckを開く】

取引所を選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

さて、ここまで取引所を紹介してきましたが、どの取引所を選べばいいのでしょうか?

見て分かる通り、基本的な機能はどこも同じだと思います。デザインや使いやすさと言った点も重要ですが、最も重要だと思う3つのポイントを紹介します。

①取引高

取引高が多いことはとても重要です。取引高が多ければ多いほど、自分が取引をしたい時、取引をしたい価格で売買を行える可能性が高くなります。また、損切りをする時の損が広がったり、取引高が少ないことで簡単に売り崩されて、価格が他の取引所と比べて一時的に下がるなどの不利益となりうる事態が発生する可能性が高まります。

②手数料

「ちりも積もれば山となる」

といいますよね。ビットコインは基本的に24時間365日取引することができるので、必然的に取引回数が多くなり、手数料も多くなりがちです。

③システムの堅牢性

最後のポイントはシステムの堅牢性です。簡単に言うとサーバーが落ちないかどうか?ということです。

まだまだ黎明期のビットコイン。過去には、日本国内でも取引時間内にサーバーが落ちてしまった取引所がありました。なかなか表からはわかりにくいと思いますが、この視点からもぜひ比較してみて下さい。

 

最後に

1BTCが5年後には、100万円になる、1000万円になる、という人もいます。現在のビットコイン相場は非常に価格の変動が激しくなっています。夢もある一方で、リスクも大きいということです。しかし、ビットコインに慣れ親しむという意味でも、少量から取引をはじめてみてはいかがでしょうか?

 - ビットコイン , , ,